烏鷺光一の「囲碁と歴史」

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

起雲閣と文豪

 熱海三大別荘の一つに数えられる「起雲閣」は、昭和22年(1947)より、旅館として開業し、山本有三、太宰治など多くの文豪に愛され、多くの作品がここで執筆されています。
 邸内には、その文豪たちにちなんだ部屋がいくつかありました。

起雲閣ゆかりの文豪
起雲閣ゆかりの文豪(文豪の間)

 熱海の名を、一躍全国に広めたのは、尾崎紅葉の「金色夜叉」です。紅葉が活躍した明治時代にはまだ起雲閣はありませんでしたが、熱海ゆかりの文豪として「尾崎紅葉の間」が設けられ、紅葉に関する資料が展示されていました。

尾崎紅葉の間
尾崎紅葉の間

展示品
展示品

部屋から見える庭
部屋から見える庭

 起雲閣には「坪内逍遥の間」もありました。晩年を熱海で過ごした逍遥の足跡や資料が展示されています。

坪内逍遥の間
坪内逍遥の間

部屋の様子
部屋の様子

静岡県熱海市 昭和町4-2
スポンサーサイト

| 旅行記 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

熱海温泉へ 佐治郎の湯

 伊東温泉から車で移動して熱海温泉へやってきました。熱海温泉の歴史的は古く、仁賢天皇の時代(約1500年前)に海中から熱湯が噴き出し、魚が死んでいるのが発見されたと伝えられ、地名も「熱い海」からきていると言われています。
 江戸時代は、開幕間もない慶長9年(1604)に、徳川家康が湯治のために滞在して以降、徳川家御用達の名湯として、湯が江戸城に献上されていたそうです。
 明治以降には、様々な文人が訪れ作品で紹介。昭和30年代には新婚旅行の代表的な行き先として賑うなど発展し、南紀白浜温泉、別府温泉と並び日本の三大温泉の一つに数えられていますが、その後、交通網の発達で東京から気軽に遠方へ移動できるようになった事や、バブル崩壊の影響で、観光客が激減。ようやく最近になり、関係者の努力や温泉ブームにより再評価されつつあるようです。

熱海海岸付近
熱海海岸付近

 熱海温泉では、温泉街に「熱海七湯」と呼ばれる、古くからの源泉が存在しています。
 その中の一つ、「佐治郎の湯」は、佐治郎という人物の邸内にあったことからこの名で呼ばれるようになり、明治期には上杉助七の邸内にあり、その後、新かど旅館の所有になり「新かどの湯」とも呼ばれていました。
 火傷に良く効き、眼病にも良いといわれたため、「目の湯」という別名もあります。

目の湯
佐治郎の湯(目の湯)

説明板
説明板

佐治郎の湯 静岡県熱海市銀座町 銀座通り

| 旅行記 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本平ロープウェイ

 静岡に来たら、ここは外せないと「久能山東照宮」へと向かいました。東照宮は久能山にありますが、お参りするには海側(南側)の山下から1159段の石段を約20分かけて登る方法と、北側の「日本平ロープウェイ」を利用する方法がありますが、今回はロープウェイを利用しました。

日本平ロープウェイのりば
日本平ロープウェイのりば

 日本平ロープウェイは、静岡鉄道が運営するロープウェイで、静岡市清水区草薙の日本平山頂の西側にある日本平駅と、駿河区根古屋の久能山山上の久能山駅との間、約1kmを5分で結んでいます。

前方に見える久能山
前方に見える久能山

 日本平ロープウェイでは、殿様の駕籠をイメージした「あおい号」と、お姫様の駕籠をイメージした「たちばな号」が、交互に行き来しています。
 駕籠のラッピングのロープウェイは開業時から5代目のデザインで、平成2年より運行してます。あおい葵の御門が分かれてドアが開き中に入りますが、江戸時代なら「将軍家の家紋を割るとは何事か!!」と言われるなと考えてしまいました。

ロープウェイ
ロープウェイ

ロープウェイ内部天井
ロープウェイ内部天井

久能山駅
久能山駅

久能山
久能山

日本平駅 : 静岡県静岡市清水区草薙597−8(日本平山頂)
久能山駅 : 静岡県静岡市駿河区根古屋

| 旅行記 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

妖怪天井絵 円流院

 鳥取県西部の大山にある円流院は、大山寺の支院の一つです。
 円流院の天井には、「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる水木しげる氏による妖怪画が描かれています。
 108もの妖怪の絵は圧巻で、寝そべって眺める事ができます。鬼太郎ファミリーはもちろん、水木先生が、円流院のために書き下ろした大山に伝わる妖怪「カラス天狗」も見る事ができます。

円流院境内
円流院境内

円流院
円流院

妖怪の天井絵
妖怪の天井絵

鬼太郎の絵
鬼太郎の絵

カラス天狗
カラス天狗

鳥取県西伯郡大山町大山58

| 旅行記 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

境港駅から水木しげるロードへ

 JR境線の境港駅については先日紹介しましたが、駅前から本町アーケードの約800メートルの間は、山陰地方を代表する観光地「水木しげるロード」と呼ばれています。百数十体の妖怪のブロンズ像が並び連日大勢の人々で賑っています。

みなとさかい交流館
みなとさかい交流館

境港駅前の鬼太郎ポスト
境港駅前の鬼太郎ポスト

水木しげるロード
水木しげるロード

ぬらりひょん
ぬらりひょん

死神
死神

| 旅行記 | 08:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。