烏鷺光一の「囲碁と歴史」

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

棋聖戦対局地 西園寺公望別邸「坐漁荘」

 明治3年(1870)から10年間、フランスで法学を学んだ西園寺公望は、伊藤博文の腹心として明治政府で各国公使、各大臣を歴任。明治39年(1906)に内閣総理大臣に就任しています。
 「坐漁荘」は西園寺公望が政治の第一線から退いた後の、大正9年(1920)に駿河湾、清水港近くの海岸に建てた別邸で、旧東海道に沿って建てられた純和風建物でしたが、強い海風に耐えられるよう、鉄筋の水平筋違いが用いられるなど当時の新しい技術も用いられた建物です。
 「坐漁荘」の由来は「なにもせず、のんびり坐って魚をとって過ごす」という意味がこめられていたそうですが、ここで暮らしていた西園寺のもとへは、事あるごとに政治家が訪問するなど、その思いとは異なる生活を送っていたそうです。

 ところで、「坐漁荘」では、平成27年(2015)1月19日から20日にかけて第39期棋聖戦七番勝負の第4局が行われています。井山裕太棋聖と挑戦者、山下敬吾九段との間で行われたタイトル戦は、それまで井山棋聖の三連勝でしたが、「坐漁荘」での対局で山下九段が初勝利すると3勝3敗で最終局までもつれ込み、最終的に井山棋聖が防衛に成功しています。

西園寺公望別邸「坐漁荘」
西園寺公望別邸「坐漁荘」

説明板
説明板

明治村:愛知県犬山市字内山1番地
  坐漁荘 : 3丁目27番地
スポンサーサイト

| プロ対局 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

井山七冠ならず

 囲碁界の話題はどうしても井山さんになってしまいます。特に七冠達成なるかということに注目が集まっています。昨日おこなわれた十段戦挑戦者決定戦で高尾九段に勝てば七冠の道が見えてきます。
 昨日の結果は高尾九段が勝ち、井山さんの七冠はなりませんでした。

| プロ対局 | 08:23 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テレビアジア井山優勝

 日中韓のテレビ棋戦の優勝者と準優勝者が代表となるテレビアジア選手権で井山裕太さんが優勝し、久しぶりに日本が世界戦で優勝しました。日本にとっては嬉しいニュースです。
 井山さんは韓国のイ・チャンホ、中国の王檄、韓国の朴廷垣を破り優勝しました。日本のもうひとり結城聡さんも準決勝まで来ました。
 これからの井山さんは高尾さんとともに別の世界戦でもベスト8に勝ち上がっているので、これからの日本の巻き返しが楽しみです。

| プロ対局 | 18:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

井山六冠の記事

 昨日の新聞各紙に井山裕太六冠の記事が出ていました。号外も出たそうです。
 読売新聞では一面、二面に記事が掲載され、さらに何面かにも掲載されていました。そこには井山六冠の好きなものなどが載っていましたが内容は今時の二十代です。
 囲碁ではなく将棋世界という将棋雑誌にも井山裕太の記事はあり、特集で将棋の女流棋士である奥様の室田伊緒さんと写っていました。
 このように囲碁の話題が広まっていくとうれしいですね。

| プロ対局 | 17:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

井山裕太六冠達成

 棋聖戦を井山が制し六冠となりました。囲碁界では史上初の快挙です。残りは名人だけですが、過去に名人を取ったことがあるので趙治勲と棋聖を持っていた張栩に続く史上三人目のグランドスラム達成となります。名人を獲得すれば史上初の七冠(同時グランドスラム)ということになります。
 ここまでくれば井山に頑張って欲しいですね。
 内容的には封じ手の辺りでは黒が打ちやすそうな感じだったようです。最終的には形勢が動かないような大差(盤面12~15目)だったようで張栩棋聖の投了となりました。

| プロ対局 | 17:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。