烏鷺光一の「囲碁と歴史」

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

北条時頼と囲碁

 鎌倉の明月院に鎌倉幕府第5代執権・北条時頼の墓があります。時頼は晩年、出家して、この地に「最明寺」を建立し暮らしていたそうです。
 有力御家人、三浦泰村一族を滅ぼすなど、北条氏による執権政治を強固にした時頼は、数々の善政を行った名君でもあったと言われています。
 鎌倉幕府は、大事件が起こると諸国の武士を鎌倉によび集めていましたが、「鉢木」という謡曲(能の曲)では「いざ鎌倉」という言葉が使われています。
 謡曲「鉢木」は北条時頼が執権を退いた後、僧となって諸国を回ったという伝説から生まれたもので、次のような物語です。
 上野国 (群馬県)の佐野(高崎市内)に、佐野源左衛門常世という貧しい武士が住んでいました。
 ある雪の夜に常世の家に旅の僧がやってきて一晩泊めてくださいとたのまれます。常世は僧を泊めることとし、粟のご飯でもてなし、マキがなくなると、大切な鉢植えの梅・松・桜の木を囲炉裏にくべ暖をとったそうです。常世は僧に、一族に領地を取られ、今は落ちぶれてしまったが、「いざ鎌倉」というときには鎌倉に一番にかけつけて戦う覚悟だと語りました。
 その後、鎌倉幕府から、集まれという連らくが来たので、常世は、やせ馬に乗って、鎌倉に駆け付けますが、そこには、雪の夜に泊めた旅の僧がいて、前執権・北条時頼であったとわかりました。時頼は、常世の言葉に嘘がなかった褒美として、奪われた領地を取りもどし、大切な木をくべたもてなしのお礼として、梅田・松井田・桜井の三ヶ所の土地が更に与えられたと言われています。

北条時頼廟
北条時頼廟

 ところで、北条時頼は囲碁の愛好家であったと言われています。当時、博打を行う武士が多かったため時頼は武士による博打の禁止令を出します。この時、「但し囲碁・将棋者は非制限」とした事から、武士の間で囲碁が更に広まっていったそうです。

北条時頼公の墓
北条時頼公の墓

神奈川県鎌倉市山ノ内189
スポンサーサイト

| 本因坊登場以前の囲碁界 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本最古の棋譜 安国論寺

 鎌倉の安国論寺は日蓮上人の布教活動の中心地の一つ「松葉ヶ谷草庵跡」ですが、ここは囲碁の歴史にとっても重要な場所です。
 現存する日本最古の棋譜が1253年に日蓮上人と弟子の日朗が松葉ヶ谷草庵にて打った対局の棋譜であると言われています。ただ、棋譜は後世に造られた贋作の可能性が高いと考えられています。しかし、様々な記録から日蓮上人が囲碁を打っていた事は間違いないようです。

安国論寺境内
安国論寺境内

御法窟横の松葉谷日蓮上人遺蹟碑
御法窟横の松葉谷日蓮上人遺蹟碑

 日蓮上人と囲碁を打ったといわれる日朗上人は日蓮六老僧の一人で、日蓮上人が佐渡へ流罪となった際、土牢に押込となりますが、赦免後、流罪となっていた日蓮を8回訪ねるなど支援してきました。安国論寺は日蓮上人を開基として日朗上人が創建した寺だそうです。
 日朗上人が亡くなった際には遺言により、自らが出家した場所でもある安国論寺で荼毘に伏されたそうで、荼毘所が残されています。

日朗上人荼毘所
日朗上人荼毘所


安国論寺の境内に囲碁の愛好家としても知られた正岡子規の歌碑がありました。

「鎌倉の松葉が谷の道の邊に 法を説きたる日蓮大菩薩  子規」

正岡子規は、明治21年7月、明治26年3月と2回鎌倉を訪れ、歌は当寺院に参詣した際に詠んだものだそうです。

正岡子規句碑
正岡子規句碑

神奈川県鎌倉市大町4-4-18

| 本因坊登場以前の囲碁界 | 07:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

厳島神社と囲碁

 宮島の厳島神社について囲碁の話が残されています。戦国時代の事、厳島神社では遷宮が行われ、京の吉田神社より吉田兼右が招かれます。この時、「専哉」という碁打ちもやってきて山口の碁打ちと神社にて対局を行ったと記録に残されています。
 「専哉」という人物についてははっきり分かりませんが、初代本因坊算砂の師匠と言われる「仙也」の事ではないかというのが囲碁史会メンバーの大方の見方です。もし、そうなら仙也が歴史上最初に登場する記録という事になります。
 仙也は堺出身の碁打ちという以外、どういった人物かであったか分かっていません。本因坊算砂の師匠であると言われていますが、これについても確たる証拠は残されていません。ただ、当時の囲碁界の重鎮ではあったようです。

宮島の大鳥居
宮島の大鳥居

厳島神社
厳島神社

厳島神社:広島県廿日市市宮島町1-1

| 本因坊登場以前の囲碁界 | 19:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「吉備真備公園」2 矢掛町

「吉備真備公園」の入口付近には吉備真備を祀る「吉備大臣宮」があります。学問に秀でていた真備公にあやかろうと、受験シーズンには多くの受験生が参拝しています。

Imag4489
吉備大臣宮

Imag4491
絵馬

 「吉備真備公園」の吉備真備像の脇に「吉備大臣入唐絵巻」のプレートがあります。絵巻は12世紀から13世紀初頭に造られたもので、現在、ボストン美術館が所蔵しています。
 絵巻は唐へやってきた真備の才能に恐れを感じた唐人が様々な難問を突き付け説けなければ処刑すると迫りますが、真備はそれを跳ね除け日本に帰国するという話ですが、その中に真備が囲碁の名人と対決する話があります。囲碁を知らなかった真備は安倍仲麻呂の化身である鬼から囲碁を教わり対戦します。熱戦となりますが僅かに分が悪いと感じた真備は相手の目を盗んで相手の石を一つ飲み込んで逆転勝ちします。占いによりそれを知った対戦相手は下剤を使って石を出そうとしたが真備は術を使いそれを防ぎ負けを認めさせたという話です。
 実際には真備以前に囲碁は日本に伝わっていましたが、こうした伝説により真備が日本に最初に囲碁を持ち込んだとされ、一般には真備が日本での囲碁の開祖とされています。

Imag4499_2
絵巻のプレート

Imag4500
囲碁対決の場面

Imag4501
囲碁の話

 真備像に向かって右手には石で出来た碁盤がありますが、左側には日時計があります。日時計も真備が日本へ持ち込んだとされています。

Imag4495
日時計

岡山県小田郡矢掛町東三成3872−2

| 本因坊登場以前の囲碁界 | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「吉備真備公園」矢掛町

 7月16日のブログでお知らせしましたが、ようやく岡山と広島を訪れた時の記事  を紹介させていただきます。
 岡山県を訪れるのは約3年ぶりですが、前回、写真に撮り損ねて気になっていた場所がありまして、岡山市からは離れていますが直行することとしました。
 場所は倉敷市の隣にある矢掛町の「吉備真備公園」です。囲碁を日本に伝えたち言われる吉備真備を顕彰した公園で三年前に取材したのですが、この時に橋本宇太郎氏による「囲碁発祥之地」の碑を見落としていたため、ずっと気になっていました。

Imag4479
岡山駅

 私は車を運転しないのですが、知り合いとレンタカーで移動することとしました。途中に倉敷市真備町にある、第三セクターの井原鉄道井原線の駅「吉備真備駅」に立ち寄りました。
  吉備真備の名前が付いた駅で、近くには3年前に紹介しましたが吉備真備の菩提寺と墓があります。

Sany0066
吉備真備駅

 ようやく矢掛町の「吉備真備公園」に到着しました。入口には看板があり、そこに描かれた吉備真備は囲碁をしています。

Imag4485
公園入口

 三年ぶりに拝見しましたが「吉備真備公園」には巨大な吉備真備像と手前に石で出来た碁盤のテーブルがあります。

Imag4497
公園

 吉備真備公園の入口付近には「吉備公館址」の碑があります。この場所は土塁に囲まれた「だんのうち」と呼ばれる平地があって奈良時代の瓦片が出土しています。
 地元では「吉備公館址」と称されていて、吉備真備の出身の下道氏の館址と伝えられています。公園から少し離れた場所には下道氏の墓所があり吉備真備公の祖母の銅製骨臓器が発見されています。

Imag4483
「吉備公館址」の碑

岡山県小田郡矢掛町東三成3872−2



| 本因坊登場以前の囲碁界 | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。