烏鷺光一の「囲碁と歴史」

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

箕作阮甫の墓所 多磨霊園

 囲碁史会のメンバーと、多磨霊園にある箕作(みつくり) 家の墓所にお参りしてきました。囲碁史会の南さんの知り合いに箕作さんという方がおられて、ここに眠る幕末の蘭学者、箕作阮甫のご子孫だそうです。箕作家は幕末から明治維新にかけて激動の歴史に大きく関わっています。

箕作家の墓所
箕作家の墓所

 箕作阮甫は、美作国津山藩(津山市)藩医の家に生まれ12歳で家督を相続。京都で漢方医学を学び、文政5年(1822)に藩医となります。翌年、江戸へ出ると蘭方医、宇田川玄真の門人となり蘭学を学んでいます。
 阮甫は、わが国初の医学雑誌『泰西名医彙講』や『外科必読』など多くの翻訳本を刊行。天保10(1839)年には幕府天文方蕃書和解御用を命ぜられ、外交文書の翻訳に当たっています。ペリー艦隊来航時には、米大統領国書の翻訳にあたり、対露交渉団の一員として長崎にも出向くなど活躍し、幕府の蕃書調所が創設されると教授職筆頭に任命され幕臣に取り立てられています。
 また、安政4(1857)年に「お玉ケ池種痘所」が設立された際には,拠出者の筆頭となっています。

箕作阮甫の墓
箕作阮甫の墓

 箕作省吾は箕作阮甫の娘婿で、幕末期に世界地理学者として活躍しています。文政4年(1821)に、仙台藩水沢領の領主水沢伊達氏の家臣・佐々木秀規の次男として生まれ、水沢の蘭医・坂野長安に学びます。長安は度々、箕作阮甫を賞賛していたため、省吾は江戸へ出ると箕作阮甫の門人となり、その才能を認められて、阮甫の娘しんの婿養子となります。
 弘化2年(1845)省吾は、最新の世界地図『新製輿地全図』を編訳した。そして、その解説を兼ねた世界地誌『坤輿図識』を刊行しますが、その疲れからか肺を病んで 弘化3年(1847)に26歳の若さで亡くなっています。しかし著書は、鍋島斉正や井伊直弼らが外交の指針として活用、吉田松陰やその門弟たちの世界観にも影響を与えたと言われています。

 箕作省吾の息子麟祥は、生まれてから僅か4ヶ月後に父が亡くなったため、祖父の阮甫に育てられます。
 文久元年(1861)、16歳のときに幕府の蕃書調所へ出仕します。慶応3年(1867)パリ万国博覧会の使節団に随行し留学していた麟祥は、明治維新後帰国し、私塾・共学社を開いていますが、この時の門下生には岸本辰雄や中江兆民らがいます。
 麟祥は、その語学力をが高く評価され、明治2年(1869)に政府からフランスの刑法の翻訳を命じられます。続いて民法や商法、訴訟法、治罪法も翻訳し、『仏蘭西法律書』として刊行。この書では、多くの法律用語が訳され「権利」「義務」という言葉も採用されています。また 国家の基本的条件を定めた根本法である”Constitution”を「憲法」と訳し、「動産」「不動産」といった単語も考案しています。
 その後も官僚として法制度の近代化に尽力した麟祥は、明治30年(1897)に52歳で亡くなりますが、政府は、その功績を讃えて男爵の爵位を追贈しています。

箕作省吾(左)と箕作麟祥(右)の墓
箕作省吾(左)と箕作麟祥(右)の墓

多磨霊園(東京都府中市多磨町4-628) 14区1種2側2番
スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

西郷・山岡会見の地

 ペガサート静岡というショッピングビルの前に「西郷・山岡会見の地」の碑があります。
 慶応4年(1868)、江戸に向け駿府まで進軍してきた有栖川宮熾仁親王を大総督とする東征軍の参謀、西郷隆盛 と、勝海舟の命を受けた幕臣の山岡鉄太郎 (鉄舟)の会見が、ここで行われたそうです。この場所は伝馬町の桐油合羽製造・度量衡販売業であった松崎屋源兵衛宅だったそうです。
 勝海舟は当初、この交渉を、徳川慶喜の信頼厚い高橋泥舟に依頼しますが、泥舟は慶喜の側を離れる訳にはいかず辞退。代わりに義弟の山岡鉄舟を推薦したそうです。
 この会見で、将軍徳川慶喜の処遇を始め、江戸城の明け渡などが基本合意され、後の勝海舟と西郷隆盛との会談により正式決定。江戸城の無血開城が実現しています。

西郷・山岡会見の地
西郷・山岡会見の地

碑


説明プレート
説明プレート

静岡市葵区御幸町3番地の21

【関連記事】
 大雄寺 高橋泥舟の墓
 全生庵 山岡鉄舟の墓


| 幕末・明治維新 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

勤皇の志士 谷干城の墓

 土佐藩士の谷干城は武市瑞山の影響で尊王攘夷運動に参加。慶応2年(1866)の長崎視察の際に後藤象二郎や坂本龍馬と交わり薩土討幕密盟にも関わったと言われています。
 谷は土佐藩の上士の身分でありながら、下士出身の坂本龍馬を尊敬していたと言われ、慶応3年(1867)に龍馬が暗殺され際に、真っ先に駆けつけ、まだ息のあった中岡慎太郎から経緯を聞きだしたと言われています。谷は暗殺犯は新選組ではないかと考えていたため戊辰戦争の際に新撰組局長・近藤勇が捕えられると反対意見も多い中、谷の主張により斬首刑が執行されています。
 戊辰戦争では大軍監として東北に転戦した谷は、陸軍に入り、明治,6~8年には熊本鎮台司令長官として佐賀の乱の鎮定に当たっています。台湾出兵の際には台湾蕃地事務参謀として西郷従道を補佐。帰国後、熊本鎮台司令長官に再任され西南戦争(1877)で熊本城に籠城し城を死守します。西南戦争の功績により陸軍中将に昇進、陸軍士官学校長などを歴任した谷ですが,薩長専制を批判し、次第に陸軍反主流派としての立場を強めていきます。明治18年第1次伊藤博文内閣では農商務大臣に就任していますが、内閣の欧化政策を批判し、井上馨外相が進める不平等条約改正の内容にも反対して大臣を辞職。その後、貴族院議員となり土佐派の重鎮として地租増徴への反対や、日露戦争開戦に反対するなど活躍しています。
 谷干城は明治44年(1911)に75歳で亡くなり、谷中霊園に葬られています。

谷干城の墓

谷中霊園 乙9号11側

| 幕末・明治維新 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

全生庵 山岡鉄舟の墓

 台東区谷中五丁目にある全生庵は、臨済宗国泰寺派の寺院で、「幕末の三舟」のひとり山岡鉄舟が、明治維新に殉じた人々の菩提を弔うために明治16年(1883)に創建しています。
 墓所には鉄舟の墓もあります。

全生庵入口
全生庵入口

 山岡鉄舟は幕末維新期に活躍した政治家です。名は高歩,通称鉄太郎と言い、旗本小野朝右衛門の子として江戸に生まれ、剣を北辰一刀流千葉周作に,、槍を刃心流山岡静山に学び,ます。そして山岡静山の妹と結婚し山岡家を継ぎます。「幕末の三舟」のひとり高橋泥舟は義兄にあたります。剣豪として知られた鉄舟ですが、母方の先祖は戦国時代の剣豪、塚原卜伝と聞くと納得できるような気がします。
 ,文久2年(1862)には、後に新選組となる浪士組の取締役を拝命するなどし、明治1年(1868)には,精鋭隊頭として徳川慶喜の警護に当たっていた鉄舟は、義兄高橋泥舟の推薦により勝海舟より官軍の西郷隆盛との折衝を依頼され、勝海舟と西郷隆盛の会談を実現。徳川家救済と江戸開城に尽力します。
 維新後は静岡藩権大参事,伊万里県知事などを歴任し明治21年(1888)に53歳で亡くなった鉄舟の葬儀では、明治天皇の意向があり、四谷の自邸を出た葬列が皇居前で10分ほど止まり、天皇が高殿から目送されたと伝わっています。

山岡鉄舟の墓
山岡鉄舟の墓

境内にある顕彰碑
境内にある顕彰碑。書は勝海舟によるものです。

東京都台東区谷中5-4-7

| 幕末・明治維新 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大雄寺 高橋泥舟の墓

 台東区谷中にある大雄寺に、勝海舟、山岡鉄舟と並び「幕末の三舟」と呼ばれた高橋泥舟の墓があります。
 高橋泥舟は天保六年、旗本・山岡正業の次男として生まれ母方の高橋家の養子となります。山岡家は槍の自得院流の名家で兄の山岡静山の下で修行した泥舟は、海内無双、神業に達したと評される達人となります。なお、山岡家は静山が早世したため門人の小野鉄太郎を婿養子に迎えますが、鉄太郎こそ三舟の一人、山岡鉄舟です。
 泥舟は、21歳で幕府講武所槍術教授方出役、槍術師範役を歴任し、文久3年(1863)に一橋慶喜に随行して上京。従五位下伊勢守を叙任します。慶応4年(1868)、鳥羽伏見の敗戦により江戸へ退却した将軍・慶喜に泥舟は恭順を説き、江戸城から上野東叡山へ退去する慶喜の護衛を務めます。幕府の全権を任された勝海舟は官軍の西郷隆盛への使者を、誠実剛毅な人柄を見込んで泥舟に依頼しようとしましたが、慶喜から親身に頼られていた泥舟は主君の側を離れるわけにはいかず、代わりに義弟の山岡鉄舟を推薦し、鉄舟がその大役を見事に果たしたそうです。
 慶喜が江戸から静岡に移住するのに従い、地方奉行などを務めた泥舟は、廃藩置県後に職を辞し東京に隠棲、書画骨董の鑑定などで後半生を送っています。明治新政府からは任官の誘いがあったものの慶喜が失脚しているのに自分が官職について出世する事は出来ないと拒否したと言われています。
 また、義弟の鉄舟が没した際、山岡家にはかなりの借金があったそうで、泥舟はその返済を引き受け、金貸しに借金を申し込みますが「担保は何か」と聞かれ、「わしの顔が担保だ」と返答したそうです。これに対して金貸しは「泥舟先生がおっしゃるなら」と借金の全額を引き受けたという逸話が残されています。
 高橋泥舟は明治36年(1903)に69歳の生涯を閉じ大雄寺に葬られています。

大雄寺入口
大雄寺入口

本堂
本堂

高橋泥舟の墓
高橋泥舟の墓

台東区谷中6-1-26

| 幕末・明治維新 | 09:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。