烏鷺光一の「囲碁と歴史」

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

竹山城跡

  宮本武蔵の父、平田無二が家老として仕えた新免氏の居城、竹山城の城跡へ行ってみました。標高430mの山頂にあり登山道が整備されていますが、電波塔もあり、細くて急な道ですが車で行くこともできます。

竹山城跡
竹山城跡(山頂)

登山道入口
登山道入口

看板
看板

 竹山城の築城時期は不明ですが、南北朝時代に山名時氏が美作に侵攻した際に攻略し、支配下に置いたという記録があります。しかし、応仁元年(1467)に勃発した「応仁の乱」(山名宗全が西軍総大将)の混乱に乗じ、赤松政則が美作に侵攻、竹山城を赤松氏の一族宇野入道が拠点としています。
 その後、明応2年(1493)に同族の新免貞重が竹山城に入城し、その支配下に置かれていましたが、天文年間に、出雲の尼子氏が備中・美作に侵入し、激しい攻防の末、新免氏は領地を失ってしまいます。
 永禄3年(1560)、尼子晴久の死去により尼子氏が衰退すると、代わりに台頭してきた毛利勢や中国地方進出を狙う織田勢などにより激しい攻防戦が繰り広げられていますが、当時の当主、 新免宗貫は、羽柴秀吉に協力した宇喜多直家に仕え領地を奪回。武蔵の父、平田無二が家老として仕えていたのはこの頃でしょうか。
 その後、豊臣政権では宇喜多秀家に従い朝鮮出兵に出陣するなど活躍した新免氏ですが、慶長5年(1600)の「関ヶ原の戦」で宇喜多氏は西軍に与したため改易となり、新免氏も所領を没収。その後、新免氏は福岡黒田藩に迎えられ、黒田藩の家臣として明治維新まで存続しています。

竹山城跡
竹山城跡

竹山城跡から眺める武蔵の里
竹山城跡から眺める武蔵の里

岡山県美作市下町
スポンサーサイト

| 戦国時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

武蔵ゆかりの人物の墓

 武蔵神社前から山の方に向かって行く道は、江戸時代には鳥取藩池田公が参勤交代のために通った旧因幡街道で、ずっと進んでいくと現在も舗装されていない「釜坂峠」があります。(行っていませんが。)

因州街道
因州街道

 旧因幡街道で武蔵神社を更に進んでいくと、道の脇に「森岩彦兵衛の墓」という石碑があります。そこから山へ少し上がると彦兵衛の墓があります。
 森岩彦兵衛は、宮本武蔵の竹馬の友で武者修行へ旅立つ武蔵を「釜坂峠」まで見送り別れを惜しんだと言われています。

森脇彦兵衛の墓の説明板
森脇彦兵衛の墓の説明板

森脇彦兵衛の墓
森脇彦兵衛の墓

 旧因幡街道沿いの森岩彦兵衛の墓を通り過ぎ、しばらく行った所に「本位田外記之助の墓」の碑があります。そこを上がった所に本位田外記之助という人物の墓があります。
 吉川英治の小説「宮本武蔵」の登場人物に、幼馴染のお通と本位田又八がいますが両者とも架空の人物です。しかし、本位田家は実在の一族であり吉川英治は、それをヒントに又八を創作したのでしょう。

本位田外記之助の墓の入口
本位田外記之助の墓の入口

 美作国竹山城主新免伊賀守の次席家老で小房城を預かっていた本位田外記は、同じ家老で武蔵の父親である平田無二の槍術の弟子でもありました。
 天正年間、中国地方進出を狙う織田軍は、羽柴秀吉が交渉し新免氏と友好関係を結んでいますが、人質交換などで新免氏側の交渉相手が本位田外記だったそうです。
 しかし、竹山城主新免伊賀守は、外記がやがて謀反を起こすのではないかと疑い、平田無二に上意討ちを命じます。無二は再三にわたり辞退しますが主命には逆らえず、ついに本位田外記を討ち果たしています。平田無二は外記を丁重に葬りますが上意討ちであったため墓石には文字が刻まれなかったそうです。

本位田外記之助の墓の説明板
本位田外記之助の墓の説明板

 ところで、吉川英治が「宮本武蔵」の連載を始めたとき、本位田家の末裔の東京帝国大学教授・本位田祥男氏が学生たちに又八とあだ名されたことから、「自分の先祖に又八という人物などいない」と新聞に投書し、これに対し吉川英治が「小説と史実を混同しないでほしい」と反論するなど論争が巻き起こっています。歴史物の小説やドラマで子孫の方がクレームをつけることは現在でもよくある事だそうです

本位田外記之助の墓
本位田外記之助の墓

岡山県美作市宮本

| 戦国時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

武蔵神社と宮本武蔵の墓

 武蔵生誕地碑前から因幡街道を200メートル程進んだところに「武蔵神社」があります。「剣聖」宮本武蔵を祀る神社として、昭和46年(1971)に建立されています。
 生涯負け無しの武蔵にあやかりたいと、合格祈願や必勝祈願などに多くの人が訪れ、絵馬が奉納されていました。

武蔵神社の石段
武蔵神社の石段

武蔵神社
武蔵神社

吉川英治奉納の絵馬
吉川英治奉納の絵馬

 武蔵神社の隣りには、宮本武蔵と、その両親である平田武仁夫妻の墓があります。
 生涯60余度の戦いで一度も負けなかった武蔵は、晩年、熊本藩主・細川忠利に客分として招かれ熊本に移り住み、正保2年(1645)に亡くなります。武蔵は熊本に葬られますが、生まれ故郷の宮本村に、養子の伊織が分骨し墓が建立されたと伝わっています。
  武蔵の父親については、宮本伊織が、承応3年(1654)に記した「新免武蔵玄信二天居士碑」で、新免無二といい、十手術の兵法家であったと記しています。無二は室町幕府将軍家師範の吉岡と試合をして、一度目は吉岡が勝利、二度目は無二が勝利したと言われています。
 どういう人物であったか諸説ありますが、美作地方の地誌「東作誌」では室町時代中期以降、美作国を支配した新免氏の家老の平田武仁が新免無二であると記されています。
 小説家・吉川英治が「宮本武蔵」を執筆した際には、この説を採用して現在の美作市宮本が武蔵の故郷として物語が展開していきます。
 平田武仁夫妻の墓は、武蔵の墓と並んで建立されています。

宮本武蔵と平田武仁夫妻の墓
宮本武蔵と平田武仁夫妻の墓

岡山県美作市宮本

| 戦国時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

武蔵の姉の嫁ぎ先 平尾家

 宮本武蔵生家跡前の交差点に鎌坂道と書かれた鳥居がありますが、これは讃甘(さのも)神社の鳥居で、鎌坂道の入口となっています。
 鎌坂道は、山陰の因州鳥取と山陽の藩州赤穂を結ぶ因幡街道で、鳥取藩池田候の参勤交代の道でした。また、古くは後醍醐天皇が隠岐脱出の際にここを通って京都へ向かったと伝えられています。この先の鎌坂峠付近は、現在でも舗装されていない竹林となっています。少年時代の武蔵も佐用・平福の母のもとへ何度もこの坂道を通ったと言われています。

鎌坂道入口
鎌坂道入口

旧播州因幡街道の案内図
旧播州因幡街道の案内図

 余談ですが、宮本武蔵生家跡付近のマンホールの蓋は、武蔵の里らしく、 宮本武蔵の二刀流の刀と武蔵作「瓢箪鯰図鐔ひょうたんなまずずつば」が描かれていました。これは美作市となる前の旧大原町時代に造られたものだそうです。

マンホールの蓋
マンホールの蓋

 鎌坂道入口の鳥居をくぐったすぐ左手に、武蔵の姉おぎんが嫁いだ平尾家があります。慶長5年(1600)、16歳の武蔵が武者修行に出立する際に立ち寄り家の道具、証文、家系図、十手、素槍などを姉・おぎん夫婦に渡したと伝えられています。その後、おぎんの二男・九郎兵衛景貞がここに居住し、武蔵家を相続。そのときに作られた庭の池や茅葺き屋根の建物が現存していますが、現在も住居として使われているため外観のみ見学できます。

平尾家
平尾家

説明板
説明板

岡山県美作市宮本

| 戦国時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宮本武蔵生家跡

 宮本武蔵は天正12年(1584)に新免無二の子として生まれますが、新免無二とは室町時代中期以降、美作国を支配した新免氏の家老の平田武仁のことであると考えられています。
 生家である平田家の屋敷跡は、もともと約60m四方の大きな構の中に立つ大きな茅葺の家で、“宮本の構”と呼ばれていましたが、昭和時代に火災により焼失。昭和17年に現在の瓦屋となっています。ただ、大黒柱の位置は昔と変わらない位置と伝えられています。宮本武蔵生家跡は昭和34年に「岡山県史跡」に指定されています。

宮本武蔵生家跡
宮本武蔵生家跡

 宮本武蔵生家跡の前にある「宮本武蔵生誕地碑」の碑文は、元熊本藩主細川護成侯爵の書で、裏面には、武蔵の略歴が刻まれています。
 武蔵終焉の地、熊本県の宮本武蔵顕彰会が当地を訪れ武蔵生誕の地であると確証し、それを記念して明治44年に建立したそうです。

宮本武蔵生誕地碑
宮本武蔵生誕地碑

 宮本武蔵生誕地碑の隣りにも、様々な碑が建立されています。小説「宮本武蔵」を執筆した吉川英治の謝恩碑や、武蔵の研究家、 福原浄泉の謝恩碑もありました。

生家跡前の碑
生家跡前の碑

吉川英治の碑
吉川英治の碑

 宮本武蔵生家跡に「宮本武蔵追善菩提」が建立されています。没後350年を記念して平成に入ってから建立されたものだそうです。

宮本武蔵追善菩提
宮本武蔵追善菩提

岡山県美作市宮本946

| 戦国時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。